au新プラン家族割プラス適用の注意点!

ユイです!

今月から先日紹介したau新プランの受付けが開始しました。

au新プランで維持費はどうなる?最安維持はこのプラン!

2019.05.30

また今までのスマホ応援割の代わりに家族割プラスによる割引が始まっています。

実際に契約してみたところ、家族割プラスの適用条件を勘違いしていた点もあったりしましたので、
ここで改めて家族割プラスの適用条件や適用する際の注意点を紹介します。

家族割プラスの適用条件

まずは家族割プラスの適用条件のおさらいです。

適用条件
  1. 同一住所にお住まいの家族であること
  2. 割引対象の料金プランに加入していること

上記を満たす回線の契約数によって割引額が決まります。

割引額
  • 3回線以上条件を満たした場合は1000円/月の割引適用
  • 2回線の場合は500円/月の割引適用

それでは適用条件について詳しく見ていきましょう。

同一住所にお住まいの家族であること

回線数のカウントは同一住所に住んでいる家族名義の回線数がカウント対象になります。
もちろん同一名義で複数回線あってもOKです。

たとえば一人暮らしや家族4人暮らしだけど、auを契約しているのは自分だけ、という場合、
自分の名義で3回線以上契約していれば、1000円割引の条件を満たすことになります。

わたし含めて一人でお小遣い稼ぎをされている方はこのパターンが多いかもしれないですね。

割引対象の料金プランに加入していること

家族割プラスの条件を満たすためには指定のプランで契約する必要があります。
対象の料金プランはこのようになっています。

対象の料金プラン

新auピタットプラン/auフラットプラン7プラス/auデータMAXプラン
auピタットプラン(s)/auフラットプラン5(学割専用)/auフラットプラン20/auフラットプラン25 Netflixパック/auフラットプラン30
VKプラン/VKプランS/VKプランM/スーパーカケホ(ケータイ)/カケホ(ケータイ)

ただしこの中で家族割プラスの割引が適用されるのはこれらの新プランだけになっています。

割引対象のプラン

新auピタットプラン/auフラットプラン7プラス/auデータMAXプラン

家族割プラス対象外のプランに注意

わたしもきちんと確認せずに勘違いしていたのですが、旧プランのauピタットプランは家族割プラスの対象外になっています。
旧プランでもauフラットプラン20は対象になっていますが、なぜかauピタットプランの記載がありません。

そのため現在旧プランのauピタットプランで維持している回線は家族割プラスの条件を満たす回線としてカウントされないので注意が必要です。

1名義で家族割プラスの割引を満額の1000円まで適用させたい場合は5回線中3回線以上を新auピタットプランなどへ変更したり、契約したりする必要があります。

わたしも5回線中2回線が旧プランのauピタットプラン、2回線が新auピタットプランなので、家族割プラスの条件を満たす回線が2回線しかない状態です。

ただしこの旧プランのauピタットプランと新auピタットプランが混在する場合、期間限定で救済措置のキャンペーンがあります。

期間限定で救済措置のキャンペーンがある

2019年9月30日まで「家族割プラス スタートキャンペーン」が開催されています。
これは9月30日までは新プランで契約すると家族割プラスの対象となる回線の契約数に関わらず割引が満額まで適用されるものです。

そのため、わたしのように家族割プラスの条件を満たす回線が3回線未満でも、満額の1000円割引が適用されます。

ただし10月以降も家族割プラスで1000円割引を受けたい場合は、9月30日までに契約している回線のプランを3回線以上対象プランにする必要があります。

気を付けておきたい契約パターン

「家族割プラス スタートキャンペーン」のおかげで9月30日までは何も気にせずとも満額の割引が適用されます。
ただし10月以降も家族割プラスで満額の割引を適用したい場合は、契約しているプランに気を付ける必要があります。
例えばこのようなパターンが考えられます。

6月に旧プラン契約でお小遣い稼ぎした場合

6月は新プランが開始していましたが、旧プランでも契約可能でした。
そこで例えば6月に2回線旧プランのauピタットプランで契約したとします。

その後、次に契約できるのは8月になります。
8月はもう新プランでの契約となりますので、新プランで2回線契約するとします。

この場合、10月以降になると家族割プラス対象回線が8月に契約した2回線だけなので、
このままだと割引額が500円となってしまいます。

そのため、1000円の割引を受けたい場合9月中に6月契約分を新auピタットプランへ変更して家族割プラスの対象回線を増やす必要があります。

スマホ応援割適用で旧プラン最安維持をしている場合

以前こちらで紹介したガラケーを利用しての最安維持をしている方も多いのではないでしょうか。

ガラケーを見せて携帯維持費を安くしよう!

2018.12.12

auを維持費最安0円で使う方法。お小遣いも!?

2019.01.16

この場合も旧プランのauピタットプランを利用している場合、家族割プラスの条件を満たさないため、
他の新プランでの契約回線数との兼ね合いなどで新プランにするかそのまま維持するか検討の余地が出てくるかと思います。

まとめ

今回は家族割プラスを改めておさらいしました。
家族割プラスは条件を満たすためのプランが決まっていますが、旧プランのauピタットプランは対象外なので注意が必要です。

ただ9月末までは何も気にせず満額の1000円割引が適用されます。

10月以降は家族割プラスの適用対象の回線数で割引が決まってきますので、
それまでに新auピタットプランへの切り替えるかどうかを検討する必要がありそうです。

17 件のコメント

  • 記事ありがとうございます。
    今月PIしようと思っていたので助かります。
    ただ審査基準が変わってるようなので、どうなることやら…
    いろいろ考えないといけないタイミングみたいです。

    • ducaさま

      コメントありがとうございます♪
      そういった頂けるとうれしいです!

      審査基準もまた何か変わったみたいですよね。
      ころころ変えるのホントやめてほしいです。。。

  • ユイ様!こんにちは!
    いつも勉強させていただいております!

    少しご確認させてください。
    >10月以降は家族割プラスの適用対象の回線数で割引が決まってきます

    新規契約時に3回線同時PIで、家族割プラスは最大割引になりますか?
    それとも既存回線で、新プラン3回線ないと最大割引にはならないということでしょうか?

    ※新規契約と同時に、新プランの回線数を満たしてもダメなのかどうかのご確認です。

    • サラリーマンさま

      コメントありがとうございます♪

      現状だと新規契約時に3回線同時PIで家族割プラスは最大割引になりますよ!

  • 初めまして、コンサルをお願いすることは可能でしょうか?
    何度かMNPで回していますが、ショップ探しと新プランになってからはどうするのがベストか悩んでいます。
    都内希望です。
    是非、よろしくお願いします。

    • DMPさま

      コメントありがとうございます♪

      案件の斡旋はしておりませんので、コンサルというよりは個別サポートという感じであればお受けしています。
      メールにて詳細をお送りいたしましたので、ご確認ください。

  • いつも勉強になります。

    新プランについて 以下の認識で大丈夫なのでしょうか?

    新ピタットプラン9月末までは1回線からは1480円維持が可能で
    10月以降は3回線以上で家族割千円が聞いて1400円維持が可能
    の計算なのですが、

    ここで新ピタットプランはケイタイ→スマホ割千円の適用は可能なのでしょうか?
    また 家族割千円割は永年なのでしょうか?
    それとも一年間など期間があるのでしょうか?
    間違ってるところがありましたらご指摘いただけたら幸いです。
    ご回答よろしくお願いいたします!

  • 誤字ってしまいました。。。
    正 →新ピタッとプランでは10月以降は3回戦以上で1480円維持が可能の計算

    自分で計算したら維持費が月に480円維持になるのですが、、、
    やはり新ピタットプランのケイタイ→スマホ割適用には初月から新ピタットプランの案件出ないとダメなのでしょうか?。。。

    • なべさま

      コメントありがとうございます♪

      新ピタットプランを最低維持する場合はデータ通信が1GB以下の場合になります。
      この場合、もともとの維持費が2年契約で2980円です。
      そこに家族割プラスで1000円引きになりますので、1980円が最低維持費になるかと思います。
      スマートバリューによる割引はデータ通信が1GB以下の場合は適用されません。

      またこの家族割プラスは永年1000円割引になります。

      ケータイ→auスマホ割を適用した場合は12ヶ月間1000円割引が適用されますので、1年間は維持費が980円になります。
      これは契約時に新auピタットプランを選択しないと適用ができません。

      参考になればうれしいです。

      • 新ピタットプランを最低維持する場合はデータ通信が1GB以下の場合になります。
        この場合、もともとの維持費が2年契約で2980円です。
        そこに家族割プラスで1000円引きになりますので、1980円が最低維持費になるかと思います。
        スマートバリューによる割引はデータ通信が1GB以下の場合は適用されません。

        またこの家族割プラスは永年1000円割引になります。

        ケータイ→auスマホ割を適用した場合は12ヶ月間1000円割引が適用されますので、1年間は維持費が980円になります。
        これは契約時に新auピタットプランを選択しないと適用ができません。

        参考になればうれしいです

        ↑こんにちは!
        ケータイ→スマホ割は新auピタッとプランに適用されるのですか?
        旧プランじゃなくてですか?
        スマホ応援割にしたければ旧プランを選択しなくちゃいけないのかと思いました。

  • いつもブログ読ませてもらってます。

    こないだauのホームページ見ていたらこんな記述がありました。

    「注7)
    2017年7月14日以降に機種購入したお客さまは、それ以降、機種購入を伴わない「新auピタットプラン/auピタットプラン/auフラットプラン/auデータMAXプラン」とその他料金プラン間の変更はできません。」

    自分はau四回線契約してるのであと1回線新プランで契約できるけど契約しても10月以降は新プラン1回線だけなので旧プランをどうするか考え中です(;´∀`)

    • スマホさま

      コメントありがとうございます♪

      特にこだわりが無ければ新プランへ変更かな、と思います。
      旧auピタットプランから新auピタットプランへは特に機種購入などなくても変更可能なので。。。

  • ユイ様 ご丁寧に教えていただきありがとうございます!
    参考にさせていただきますね。
    勉強になります。

  • いつも勉強になります。

    1つお聞きしたいのですが、
    郵送下取りの5400円のウォレット復元についてなのですが
    mnpする際にbーモバイルのソフトバンク回線を使ったのですが、
    ドコモのアンドロイドスマホを下取りに出しても
    無事下取り復元してくれるのでしょうか?

    わかる時範囲で教えていただけると幸いです。
    よろしくお願いします。

    • なべさま

      コメントありがとうございます♪

      基本的にはMNP元の回線と同じキャリアの端末を出す必要があるかと思います。
      ただわたしも気になっていたため、ちょうど先日契約した回線の下取りでMNP元回線と違うキャリアの端末を下取りに出したらどうなるか試しているところです。

      結果が分かったらこちらのnoteで契約実績とともに記事にする予定です。

      MNPでお小遣い稼ぎした実績を公開!

  • いつも拝見させていただいてます。

    家族割プラスで1000円/月の割引を適用するには、3回線以上が必要とのことですが、
    私は2ヶ月毎に2回線ずつPIしており、その別の時期に契約した2回線同士はどのように紐づけすれば良いのでしょうか。
    若しくは、全て同じ名義なので、何もせずとも現在既に合計4回線分の家族割となっているのでしょうか。

    ご教示お願いします。

    • しゃさま

      コメントありがとうございます♪

      既に2回線持っていて、そこに2回線追加する場合、契約時に既存回線と家族割を組んでください、といえば同じグループで纏められますので紐付けできるかと思います。
      わたしはいつもこのやり方ですね。
      あとは念のため契約時に割引が1000円適用されるかどうかを確認するくらいでしょうか。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です