タブレットを活用したシングル化を解説!

ユイです!

11月7日でWINシングル定額(シンプル)のプランが終了になります。

そのためこちらで紹介していたシングル化が出来なくなってしまいます。

【auの寝かせ方2018版】シングル化のやり方と維持費まとめ

2017.10.29

そこで同じような維持費で出来るシングル化の方法を紹介します。
ただ以前と比べて管理がちょっと複雑になり、気を付けないといけないこともありますので、シングル化の方法と注意点を合わせて解説します!

シングル化の方法

今回紹介するシングル化はやり方としてはとてもシンプルです。

シングル化手順
  1. 旧プランへの変更
  2. タブレットへ持ち込み機種変更

以前紹介したシングル化とほぼ変わりません。
ガラホの場合は、1は必要ありませんので、2だけでOKです。
変わったところは機種がタブレットという点になります。
タブレットを持ち込んでどのようなプランで契約すればよいのかを次から解説していきます。

またピタット/フラットプランの場合は、一度データ定額など、昔のプランに変更する必要があります。
ピタット/フラットプランはそのままではプラン変更出来ませんので、
こちらで紹介している方法で旧プランに変更します。

auピタットプラン/フラットプランをシングル化する方法

2018.04.18

タブレットへの持ち込み機種変更

必要なもの

今回はタブレットへの持ち込み機種変更となりますので、
auで取り扱っているタブレットが必要になります。

auで取り扱っているタブレット

タブレットはSIMカードを挿して通信しますので、
1台あれば使いまわしすることが出来ます。
こちらで紹介している方法と同じイメージですね。

シングル化を安く買える端末で!費用はどうなる?

2018.05.23

タブレットを持っていない場合は、これを機に1台手に入れるのもよいかもしれません。

iPadをタダで手に入れる方法

2018.09.19

契約するプラン

契約するプランはタブレットプランdsというプランを選択します。
タブレットプランdsには3年契約のものと2年契約のものがありますが、
3年契約の方が維持費が安くなるため、3年契約を選択します。

タブレットプランds(3年契約)
  • 月額1700円(LTENET無し)
  • 契約解除料9900円
タブレットプランds(2年契約)
  • 月額2500円(LTENET無し)
  • 契約解除料9500円

そのため2年契約の場合は解約金が9500円になりますが、
今回3年契約になりますので、シングル回線を解約すると解約金が9900円掛かるようになります。

タブレットプランdsを契約するときの注意事項

スマホ契約が必要

 タブレットプランdsはデータ定額を契約している音声回線との紐付けが必要になります。

データ定額プラン
  • auピタットプラン
  • auピタットプラン20/30
  • auフラットプラン25 Netflixパック
  • データ定額1/2/3/5/20/30
  • LTEフラット

auピタットプランでもOKというのがミソですね。

auピタットプランが無かったときは、わざわざ高額なデータ定額のプランを契約しないとタブレットプランdsを契約することができませんでした。

現在はスマホ回線を維持するのであればauピタットプランが最安になりますので、
タブレットプランdsも活用しやすくなっています。
 
この音声回線は既存の回線でOKです。
タブレットプランdsのためだけに新しく契約する必要はありません。

たとえば8月に契約した音声回線があれば、10月に契約した音声回線を
シングル化
して8月に契約した音声回線に紐付けしてタブレットプランdsで維持することができます。

音声回線を先に解約するのはNG

音声回線とデータ回線の紐付けが切れてしまうと
タブレットプランdsを維持できなくなり、勝手に違約金とプラン変更が発生するので注意が必要です。

音声回線を先に解約すると、このような状態となり違約金が2重に掛かってしまいます。

音声回線を先に解約すると
  1. データ回線と紐付けしている音声回線を解約する
  2. データ回線がタブレットプランdsを維持できなくなる
  3. データ回線のプランがLTEフラット for Tabへ自動的に変更される
  4. タブレットプランdsの違約金が発生
  5. データ回線を解約するとLTEフラット for Tabの違約金発生

そのため、音声回線を先に解約したい場合には、データ回線と紐づく音声回線をほかの音声回線に変更してから解約する必要があります。

例えば、今このような契約となっているとします。

今の契約
  • 音声回線①(タブレットプランdsで紐付け中)
  • 音声回線②
  • データ回線①(タブレットプランdsで紐付け中)

音声回線①を解約したい場合はこのように変えましょう。

音声回線①を解約する前に
  • 音声回線①
  • 音声回線②(タブレットプランdsで紐付け中)
  • データ回線①(タブレットプランdsで紐付け中)

このように変えてから音声回線①を解約すればOKです。
この紐付けの変更は電話問い合わせ窓口(157)で無料で出来ますが、対応したスタッフによっては出来ないと言われることもあるそうなので、
その場合は電話問い合わせ窓口(157)に掛け直して再度チャレンジする必要があります。

まとめ

data06にはだいぶお世話になったので今回のサービス終了は残念です。

以前と同じくらいの維持費でシングル化するには、
タブレットへの持ち込み機種変更が使えそうです。

ただしdata06などのWINシングル定額(シンプル)と比べて、
デュアル回線との紐付けを気にしなくてはいけないため、
管理がすこし複雑になってしまうのが難点ですね。

 

5 件のコメント

  • ユイさま

    よく拝見しております。わかりやすい解説で目からウロコです。
    タブレットプランdsを活用しての今後の回し方について質問があります。

    現在、7月に契約した音声回線2つ、今月契約したデータ回線2つあります。
    今月、空いている枠にMNPで音声回線3つ契約したとします。

    音声回線        データ回線
    ① 7月契約分   → ① 10月契約分(7月分①に紐付)
    ② 7月契約分   → ② 10月契約分(7月分②に紐付)
    ③ 10月契約分    
    ④ 10月契約分    
    ⑤ 10月契約分

    今までなら今月契約した音声回線3つをDATA06等でデータ回線化が可能でしたが、
    これからは紐付け出来る音声回線がないとデータ回線化出来ない為、
    枠をフルに活用出来ないですよね。。。

    この場合の今後はどのように展開していくのが良いでしょうか。
    宜しくお願いします。

    • たかしさま

      コメントありがとうございます♪

      おっしゃる通り紐付けできる回線がないとデータ回線化が出来ないですね。
      そのため2回線づつ契約すると管理が楽かと思います。

      3回線契約する場合は、2回線はデータ化して1回線はそのまま維持するか、
      もしくは2回線データ化した翌月にもう1回線MNPして先月残った1回線をデータ化してタブレットプランを組む、など活用の仕方は色々考えられるかな、と思います。

      たかしさまの例で言えば、音声の①②と③④でペアを組み、⑤はそのまま維持や、
      翌月に新たに音声で⑥を契約して⑤と⑥でペアを組む、などですね。

      参考になればうれしいです。

  • ユイさま

    ご返信ありがとうございます。
    やはり効率は落ちますよね。
    11/7までにシングル化をするという前提で、今さらですがDATA06買おうかと思います。値崩れしてるので、損はしないかと^_^

  • こんにちは、yui様シングル化についての質問お願いします。
    例えば10月に二台契約したとしてその内の一台をシングルにした場合だと、残り一台がデュアル回線のままになりますが、その場合はデュアルの支払い実績ルールが残るかと思うので11月の契約が一台であろうと二台であろうと出来ないですよね?11月に契約するなら一気に二台シングル化でしょうか?

    • 。さま

      コメントありがとうございます♪

      10月契約の2台の内、1台をシングル化すれば、
      デュアルの支払い実績は1台しか見られないので、
      11月に1回線だけ契約することができます。

      10月に契約してシングル化した回線については、
      支払い実績がデュアルからデータに移動しているためです。

      11月に1台契約なら1台シングル化、2台契約なら2台シングル化ですね。

      参考になればうれしいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です