携帯乞食の失敗談!MNPするときに気をつけること

MNPの契約って色々準備することがありますよね。
いつも大丈夫!と思って契約しに行きますが、時々抜けていることがあります。。。
せっかくのお小遣いをふいにしてしまわないよう自戒の意味も込めて書いておきたいと思います。
また失敗が増えたら書き足していこうと思います笑

クーポンを忘れる

はい、これはわかりやすいですね。
MNP必須アイテムのクーポンを持っていくのを忘れてそのまま契約してしまいました笑
無料で手に入るクーポンとはいえ、5000円~10000円の利益になります。
これは絶対忘れないようにしましょう。

auクーポンの入手法と使い方!最大5千円損しないために!

2017.12.03

下取り端末を忘れる

これもわかりやすくダメですね笑
下取りも簡単に手に入る安い端末でも5000円~8000円の還元があります。
実は下取りは店舗で提出するほかに、郵送でauへ直接送ることでも引き取ってもらえます。
私が下取りを忘れてしまったとき、お店の方にお願いをして後日郵送としてもらえました。
しかしこれにはデメリットがあります。

後日郵送だとキャッシュバック方法が変わる

その時の契約はキャッシュバックは後日商品券を郵送というものでした。
しかし郵送でのキャッシュバックだとau walletプリペイドカードへのチャージとなってしまいます。
そのまま使う分にはよいのですが、換金しようとすると商品券よりも換金率が悪くなってしまうデメリットがあります。

郵送は下取り審査が厳しい

店頭での下取りチェックより、郵送でauが直接チェックする方が厳しいという話があります。
確かに店頭だとさっとチェックして終わりですが、郵送だと細かく見られるかもしれないので、
あまり郵送での下取りはやりたくないのが本音です。
私が郵送で下取りを出した際は無事au walletプリペイドにポイントチャージで還元されましたが、
チェックに通らず下取り端末が返送されてきてしまうパターンもあるそうです。

使えない下取り端末を買ってしまう

これは私の思い込みが良くなかったため失敗してしまいました。
下取り端末はできるだけ安く仕入れたいのが本音です。
安く仕入れることができればその分利益になるからです。
契約前に下取り端末を仕入れようと探していると、安くてよさそうな端末を見つけました。
相場よりも安く、水没していないなどの条件を満たしていたのです。ただそれはVodafoneの端末でした。
知らない方もいらっしゃるかもしれませんが、Vodafoneというのはソフトバンクの前の名前です。
そのため、ソフトバンクのMNP弾を使うのであれば大丈夫かな!と思って購入しました。
名前が変わってるとはいえ同じ会社だからです。
しかし実際契約しに行って出してみると・・・断られてしまいました。
確かに同じ会社ではあるけども、もうVodafoneの電話は電波が入らずに使えないからダメだというのです。
そのためみなさんも安いからといってVodafoneの端末を買うのはやめておきましょう
下取りとしてつかえません泣

MNP用の下取り端末を手に入れる方法

2017.11.17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です